最近、自動車の運転に関して、あおり運転、ひき逃げや酒気帯び運転など、交通ルールを守らないドライバーが問題になっていますよね。

これに対して、最近の自動車運転をサポートする技術は革新的に進んでいて、すでに居眠り運転防止機能があったり、追突防止機能があったり、さらには自動運転が現実的になってきています。

ここまで進めば、近い将来に素行の良くない(違反が多い)ドライバーに、有料で強制的に指導ロボットを乗せて指導してもらいたいですね。

AI搭載のロボットが新たな仕事を作ってくれたらいいよね。

車々間通信を対象としたアドホックネットワーク(VANET)

遠い昔?に、ドライバーの皆さんが免許を取るときに、自動車教習所の指導教官に罵られたり、ブレーキを踏まれたり、酷いときはハンドルを取られたりしたと思いますが、ロボットにあれをやってもらうのです。

ロボットなら力があるので、悪質ドライバーが危険行為をしたらハンドルを取り上げたりできるので、悪いことは出来ないでしょう。

また、マナー違反に対しては、思いっ切り怒鳴ったり罵ったりしてもらいます。きっと、自動車を運転するのが嫌になり、道路にマナーが悪い人がいなくなると思います。

仕事上で自動車を使わざるを得ないマナーの悪い人は、更生するまで、ズッと叱られながら運転をしてもらうのです。

港区表参道在住、小学生の父