近い未来に世界はどうなっているんだろう?と最近ちょっと不安なんです。その理由はAIロボットが普及してきたから。

家電ひとつ取ってみてもAIが人間を助けています。港区にある芝浦工業大学でもAIの研究をされているみたいですね。

これ以上人間がラクをすることにも危機感に近いものを感じますが、これ以上人間の仕事がロボットに取って代わられることにすごく危機感を感じるのです。

わたしには今年就職する子供がいます。

最近ロボットが人間の代わりになってしまう職業が話題に上がることが増えて子供が職選びに少し悩んでいました。

せっかく目指した職業が近いうちにロボットに取って代わられたら悲しいからです。

だから将来的にロボットが代われないような人間だからこそできる職を探しています。

そういう視点に立って職探しをしなくてはならない時代になってしまったんですね・・・。

AIロボットが発達することは良いことでもあるんですが、AIに人間が支配されてしまってはいけません。

100年後もAIより人間の方がチカラがある存在でいなければならないと私は思うのです。今の子供達はそういう面で職探しに困っています。

近未来の様子が描かれた映画のようにならないことを祈るばかり。

ロボットに負けず子供達が楽しんで働ける世の中であってもらいたいものです。

港区在住50代会社員

人工知能が向上して人間が不幸にならなければいいな